ポンタの日記
 
掲示板です
 
パニック障害が起こる原因

パニック障害が起こる原因について、考えてみたいと思います。松本久美子のパニック障害を改善するにはを参考に。パニック障害とは、病名からも想像できるように、パニックを起こしてしまう病気です。その症状には、動悸や息苦しさ、冷や汗や頻脈などがありますが、その症状が非常に激しく、もう死ぬのではないかと恐怖を感じてしまうほどです。そういった恐怖を味わってしまうと、次に起こることを考えるだけでも非常に恐怖を感じてしまいます。では、そういった症状はなぜ起きるのでしょうか?まず、考えられているのは、脳の神経伝達物質の機能異常です。これにより、ちょっとしたことに対し、過敏に反応してしまうと言われています。ノルアドレナリンやセロトニンといったホルモンのバランスも、パニック障害に大きく関与していると考えられています。

by onrain
10月9日(火)15:06 | 日記 | 管理
コメントを書く(現在0件)

この記事へのコメント投稿はできない設定になっています
コメントはありません。


(1/1ページ)


家電バーゲン | 放射能測定器 | 避難リュック | 本のバーゲン | 地震速報機
パスキット | さくらのVPS | じゃらん♪ | 楽天市場 | FX自動売買